三重県多気郡明和町にある、神道大和教総社 禊之宮(しんとうやまときょうそうじゃ みそぎのみや)

禊之宮の趣旨

禊之宮は、老若男女一人でも多くの方にこの素晴らしい禊祓の伝統を伝えるために設立されました。禊祓を受けることで、各人が澄み切った心で神明に接し、自らに与えられた使命を実現できること、またそれを通して我が国ひいては世界人類の発展に貢献できることを願っています。

伊勢のおみくじ

このおみくじは、日本民族の伝統の産土神の伝えによるものです。 たかがおみくじ、されどおみくじ。 ぜひお越しいただき、お試しいただきたいと思います。 お越しになれない方のために、おみくじの宅配も行っています。

体験禊のご案内

伊勢國、その昔竹郡竹郷にあったことから“竹の宮”と呼ばれた三重県多気郡明和町。この地に伝承時代も含めと一千年余りも天皇に代わって天照大神を祀り継いだ皇女たちの斎宮跡があります。

Previous Next
禊之宮の趣旨 禊之宮の趣旨
伊勢のおみくじ 伊勢のおみくじ
体験禊のご案内 体験禊のご案内

古神道

禊之宮の唱える神道禊之宮の唱える神道は、いわゆる親ゆずりそのままのものであります。「古神道」といっても少しも外国の思想や信仰が混じっていない生粋の日本神道を申すのであります。
神道も文化の進展に伴って、いろいろな異国の思想や信仰が採り入れられ、それぞれの時代にさまざまな解訳をなされていますから、日本精神の本質などはそう簡単には掴めません、諸外国の文化を採用して発達した各種の神道を悪いなどというのではありません。
それなどのすべては他国の理想や信仰を採り入れて、素朴な、理屈抜きの古神道を、論理の上で説明し解釈したものであって、日本精神をより強靭に育てた肥料になったものでありますから、悪いどころか、その不撓の努力と功績には深く感謝せねばなりません。
しかしながら、古神道の「本然のすがた」に対する自覚がなくて、他国の思想や信仰が悉く親ゆずりの日本精神であるかのように倒錯してしまってはなりません。

禊之宮の唱える神道

お問い合わせ
アクセス
〒515-0317
三重県多気郡明和町池村376-64
<公共交通機関でお越しの場合>
近鉄斎宮駅よりタクシーで5分
<お車でお越しの場合>
伊勢自動車道「玉城IC」より10分。伊勢CC近く
xxxx